科学探求力アップ講座2017が終了しました.

2017年12月11日(月)に科学探求力アップ講座2017「スターリングエンジンの動作原理を探る」(2回目)を本学L205会議室で実施しました.

受講者は小杉高校の2年生(19名)で,11月20日(月)に小杉高校で行った講義内容を復習した後,スターリングエンジン模型の製作と動作確認実験を行いました.

模型を組み立てるのは簡単なのですが,実際に動かすまでが大変で,皆さん四苦八苦しながら実験を行っていました.

最後に実施した動作時間コンテストの結果は以下の通りです(時間はチーム内での平均動作時間).

  • 「こいしい牛乳」42秒
  • 「ロバート・スターリング愛好会」8秒
  • 「スターリングけっけ」4分34秒【優勝】
  • 「Fantasticユリリン」17秒

 

 

可視化情報学会誌の特集記事を共同で執筆しました.

可視化情報学会誌(Vol. 37, No. 147)に共同で執筆した特集記事が掲載されました.

  • 染矢聡・沼田大樹・松田佑・坂村芳孝,PSP/TSP実験入門,pp. 158-164.
  • 沼田大樹・森英男・松田佑・坂村芳孝,PSP/TSP計測における強度法の基礎,pp. 171-176.

 

科学探求力アップ講座2017が始まりました.

毎年恒例となっている科学探求力アップ講座が始まり,2017年11月20日(月)に小杉高校で講義「スターリングエンジンの動作原理を探る」を行いました.

講義では,高校で実際に勉強していること(科学)と大学で学ぶこと(工学)との繋がりを意識しながら説明したつもりです.

次回(12月11日)は本学で実験・実習に取り組んでもらいます.

ISSW30のプロシーディングスに研究成果が掲載されました.

2015年7月にテルアビブ(イスラエル)で開催された第30回国際衝撃波シンポジウム(The 30th International Symposium on Shock Waves, ISSW30)のプロシーディングスがSpringerから出版されました.われわれの研究室の研究成果も掲載されています.

Title: A Novel Pressure-Sensitive Luminescent Coating for Microscale Flow Visualization

Authors: Sakamura, Y., Kawabata, S., Arai, Y. and Nagai, K.

30th International Symposium on Shock Waves, 2, Springer,  (2017), pp. 1451-1454.

2017年度富山県立大学FD研修会に参加しました.

2017年10月30日(月)に本学で開催されましたFD研修会(通算16回目)に参加しました.

今年は塙先生(山梨大学教育国際化推進機構大学教育センター長)に来学いただき,「学生の主体的・協調的な学びをもたらす反転授業」と題して,山梨大学での先進的な反転授業の実践事例をご紹介いただきました.講演後には,本学で反転授業を行っている牧野先生との公開対談もあり,とても刺激的な研修会でした!

 

富山県ものづくり総合見本市2017に行ってきました.

2017年10月26日(木),「プレゼンテーション演習」の受講生と一緒に富山県ものづくり総合見本市2017に参加してきました.

今回の見本市は,富山産業展示館(テクノホール)の新展示場のこけら落としイベントとして位置付けられていて,かなり大規模なものとなっていました.

受講生には,見本市に出展されている地元企業の技術について学び,プレゼンテーション演習のネタ探しをしてもらいました.滞在時間が短く,すべての展示をみることはできませんでしたが,富山県のものづくり産業の活気が感じられたのではないかと思います.

DSC_0191

 

 

 

映画“Hidden figures”は痛快なエンターテーメント作品

ドイツ出張の際に機内で映画“Hidden figures”(邦題「ドリーム」)を観ました.実話に基づいた本映画では,NASAのマーキュリー計画を支えた黒人女性達の姿がカッコ良く描かれていて,痛快なエンターテーメント作品でした.航空宇宙工学に関心のある方には是非観ていただきたいなあと思っています.

映画の大事な場面で「オイラー法」というキーワードが現れます.理工系学生諸君はピンときたはず.

映画「ドリーム」オフィシャルサイト

第6回日独合同セミナー“High-speed Molecular Imaging Technology for Interdisciplinary Research”で研究成果を発表しました.

2017年9月25日〜27日にドイツ・シュツットガルトにあるUniversity of Hohenheimで開催された標記セミナーで研究成果を発表しました.

  • Title: Luminescent self-assembled monolayer coating for surface temperature imaging in microfluidic devices
  • Authors: K. Kato, Y. Sakamura, M. Oshima, S. Kawabata and M. Mitsuishi

本研究は,JSPS科研費JP26420120の助成を受けたものです.