とことん「辺境」で行こう。

今年の元日は大雪でしたので、炬燵で読書。
内田先生の「日本辺境論」を読みました。
タイトルから内容を想像することは難しいのですが
(敢えてそうしたのではないかと推察されますが…)、
大変面白く、一気に読み終えました。
圧巻は、第一章の「日本人は辺境人である」の部分です。
丸山眞男氏の著作を真面目に読んだことはありませんが、
この本を読むとなんとなくわかったような気がするのは、
まさに「内田マジック」の為せる業でしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください