映画「わたしは,ダニエル・ブレイク」を観ました.

本当に良い映画を観ると,人に話したくなる.昨夜観た「わたしは,ダニエル・ブレイク」はまさにそんな映画だ.

本作は,イギリスを舞台にして現代社会が抱える問題を淡々と描き,我々がよく口にする「合理性」が,単にある一面から眺めた場合のものに過ぎないことに気付かさせてくれる.

本作が文部科学省特別選定作品であることを映画の公式ウェブサイトで知った.大学入試の英語民間テスト導入に関して「身の丈発言」があった某大臣はこの映画をご覧になったのだろうか.もしまだであれば,是非ご覧いただきたい.