新しいバージョンのJuliaをJupyterのカーネルに追加する方法

新しいバージョンのJuliaを手元のMacにインストールしてJupyter notebookで利用しようとしたところ,使用可能なカーネルのリストに追加されていないことに気が付きました.折角バージョンを更新したのにJupyterで使えないのはとても残念です.試行錯誤した結果,新しくインストールしたJuliaをカーネルに追加する方法(コツ)がわかりましたので,記録しておきます.

Step 0

新しいバージョンのJulia(ここではVer. 1.4.2)をインストールしたとします.

Step 1

以下のコマンドで現在登録されているカーネルを確認します.

jupyter kernelspec list

私の場合,以下の出力が得られました.この時点で,新しいバージョンのJuliaはまだ登録されていません(当然ですね).

Available kernels:
  julia-1.0    /Users/sakamura/Library/Jupyter/kernels/julia-1.0
  python3      /Users/sakamura/opt/anaconda3/share/jupyter/kernels/python3

STEP 2

新たにインストールしたJuliaのコンソールを立ち上げ,pkgモード上でIJuliaパッケージを追加・ビルドします(単に追加(add)しただけではダメでした).

(@v1.4) pkg> add IJulia
(@v1.4) pkg> build IJulia (←ここが重要)

STEP 3

Juliaコンソールに戻って,IJuliaパッケージをインポートし,Jupyter notebookを立ち上げれば,新しいバージョンのJuliaがカーネルのリストに追加されているはずです.

julia> using IJulia
julia> notebook()

実際,カーネルのリストを確認すると,以下の通り出力されました.

Available kernels:
  julia-1.0    /Users/sakamura/Library/Jupyter/kernels/julia-1.0
  julia-1.4    /Users/sakamura/Library/Jupyter/kernels/julia-1.4
  python3      /Users/sakamura/opt/anaconda3/share/jupyter/kernels/python3

古いバージョンのJuliaを使わないのであれば,以下のコマンドでリストから削除することができます.

jupyter kernelspec uninstall julia-1.0