日本機械学会北陸信越支部第55期総会・講演会および第47回学生員卒業研究発表講演会で研究成果を発表しました.

2018年3月3日(土)福井工業大学で開催された標記講演会で以下の研究成果を発表しました.発表後にいただいた質問は今後の研究にとって貴重な指針となりました.

  • 演題:粉体層上を伝播する衝撃波によって形成される粉体雲の可視化
  • 著者:坂村芳孝 (富山県大), 大嶋元啓, 室谷拓也, 菅内和輝, 志村啓 (慶応大), 松尾亜紀子

また,前日3月2日(金)には同会場で,日本機械学会北陸信越学生会第47回学生員卒業研究発表講演会が開催され,卒研生がポスター発表を行いました(発表者:○).

  • 「大気圧誘電体バリア放電プラズマ噴流の可視化」○小原弘之(富山県立大),八重尾猛史,大嶋元啓, 坂村芳孝
  • 「感温発光薄膜によるマイクロチャネル壁面の温度計測」 ○内堀光(富山県立大),坂村芳孝,大嶋元啓, 川端繁樹,加藤巧也
  • 「領域分割に基づく近傍粒子探索によるMPSシミュレーションの高速化」  ○小林竜志(富山県立大), 坂村芳孝, 大嶋元啓,邉見隆洋(マルヤス機械株式会社)
  • 「伝播する衝撃波による粉体の舞い上がり」 ○菅内和輝(富山県立大),室谷拓也,大嶋元啓, 坂村芳孝,志村啓(慶應大),松尾亜紀子
  • 「衝撃波管を用いた炭化水素燃料の自着火特性の解明 (高圧衝撃波管の作製と性能評価) 」 ○森田裕人(富山県立大),倉本拓実,大嶋元啓, 坂村芳孝
  • 「衝撃波管を用いた炭化水素燃料の自着火特性の解明(自着火過程の計算とその検証) 」 ○倉本拓実(富山県立大),森田裕人,大嶋元啓, 坂村芳孝

dsc_0219-e1520157186274.jpg

 

 

2018年度卒業研究テーマ説明会が行われました.

2018年1月4日(木)(13:10〜14:40)本学大講義室において2018年度卒業研究テーマ説明会が行われました.

Continue reading “2018年度卒業研究テーマ説明会が行われました.”

流体工学シンポジウム2017で研究成果を発表しました。

2017年12月16日に富山大学で開催された標記のシンポジウムで研究成果を発表しました。

  • 演題:伝播する衝撃波による粉体の舞い上がりに関する実験的研究
  • 著者:室谷拓也 (講演者), 菅内和輝, 大嶋元啓, 坂村芳孝, 志村啓, 松尾亜紀子

科学探求力アップ講座2017が始まりました.

毎年恒例となっている科学探求力アップ講座が始まり,2017年11月20日(月)に小杉高校で講義「スターリングエンジンの動作原理を探る」を行いました.

講義では,高校で実際に勉強していること(科学)と大学で学ぶこと(工学)との繋がりを意識しながら説明したつもりです.

次回(12月11日)は本学で実験・実習に取り組んでもらいます.

2017年度富山県立大学FD研修会に参加しました.

2017年10月30日(月)に本学で開催されましたFD研修会(通算16回目)に参加しました.

今年は塙先生(山梨大学教育国際化推進機構大学教育センター長)に来学いただき,「学生の主体的・協調的な学びをもたらす反転授業」と題して,山梨大学での先進的な反転授業の実践事例をご紹介いただきました.講演後には,本学で反転授業を行っている牧野先生との公開対談もあり,とても刺激的な研修会でした!

 

富山県ものづくり総合見本市2017に行ってきました.

2017年10月26日(木),「プレゼンテーション演習」の受講生と一緒に富山県ものづくり総合見本市2017に参加してきました.

今回の見本市は,富山産業展示館(テクノホール)の新展示場のこけら落としイベントとして位置付けられていて,かなり大規模なものとなっていました.

受講生には,見本市に出展されている地元企業の技術について学び,プレゼンテーション演習のネタ探しをしてもらいました.滞在時間が短く,すべての展示をみることはできませんでしたが,富山県のものづくり産業の活気が感じられたのではないかと思います.

DSC_0191

 

 

 

第6回日独合同セミナー“High-speed Molecular Imaging Technology for Interdisciplinary Research”で研究成果を発表しました.

2017年9月25日〜27日にドイツ・シュツットガルトにあるUniversity of Hohenheimで開催された標記セミナーで研究成果を発表しました.

  • Title: Luminescent self-assembled monolayer coating for surface temperature imaging in microfluidic devices
  • Authors: K. Kato, Y. Sakamura, M. Oshima, S. Kawabata and M. Mitsuishi

本研究は,JSPS科研費JP26420120の助成を受けたものです.

 

 

 

第59回北陸流体工学研究会に参加しました.

2017年8月26日(土)に金沢工業大学扇が丘キャンパス(パフォーミングスタジオ)で開催された第59回北陸流体工学研究会(北流研)に参加してきました.

夏の北流研は例年大学の先生方の講演が中心となり,今回も3名の先生方の示唆に富んだお話を聞かせていただくことができました.

講演会の後には,学内施設「夢考房」と「チャレンジラボ」の見学会がありました.夢考房では,多くの学生達が製作作業や試走を行なっていて活気がありました.チャレンジラボは新しく整備された施設で,木材を多用した室内はおしゃれなカフェのようでした.