本研究室の研究成果が国際会議プロシーディングスに掲載されました.

われわれの研究成果が国際会議プロシーディングスに掲載され,オンラインで公開されました。

Sakamura Y., Oshima M., Nakayama K., Motoyama K. (2019) Shock-Induced Motion of a Spherical Particle Floating in Air. In: Sasoh A., Aoki T., Katayama M. (eds) 31st International Symposium on Shock Waves 2. ISSW 2017. Springer, Cham

第14回学際領域における分子イメージングフォーラムで研究成果を発表しました.

2019年3月8日(金)にJAXA調布航空宇宙センター開催された標記フォーラムで研究成果をポスター発表しました.

・ポスタータイトル:感温発光薄膜を用いた微細流路内壁面の温度イメージング

・著者名:加藤巧也・大嶋元啓(発表者)・坂村芳孝・川端繁樹

日本機械学会 北陸信越支部 第56期総会・講演会で研究成果を発表しました.

2019年3月2日(土)に富山大学五福キャンパスで開催された標記講演会におきまして,本研究室の研究成果を発表しました.

演題:2温度モデルを用いた非平衡窒素プラズマ流れの数値シミュレーション

著者:八重尾猛史(登壇者),坂村芳孝,大嶋元啓

ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド 著(上杉周作,関美和 訳)『FACTFULNESS』は今年一押しの一冊!

人の脳(考え方)にはある種の「クセ」(認知バイアス)があることは多くの人が指摘しているところですが,本書を読むことで,どうすればそれらを克服し,世界を正しく認識できるのかを,具体的な事例を通じて学ぶことができます.何より,客観的データに基づいて物事を捉えようとする著者等の姿勢は科学者・技術者の見本でもあります.学生の皆さんには是非読んでもらいたい一冊です.著者らによる素晴らしいプレゼンはこちらから.こちらもオススメの動画です.

Free teaching material from www.gapminder.org

 

流体工学シンポジウム2018で研究成果を発表しました.

2018年12月15日(土)に福井大学で開催された標記シンポジウムにおいて研究成果を発表しました.

演題:感温発光薄膜センサを用いた微細流路壁面の温度計測

著者:加藤巧也(登壇者)・坂村芳孝・川端繁樹・大嶋元啓・光崎雅大

本研究は,JSPS科研費JP26420120の助成を受けたものです.

オープンCAEシンポジウム2018で研究成果を報告しました.

2018年12月8日(土)に川崎市産業振興会館で開催されたオープンCAEシンポジウム2018において研究成果を報告しました.

演題:Pythonライブラリを用いた実験データの高効率な処理システムの構築

著者:大嶋元啓(登壇),中山勝之,小原弘之,坂村芳孝


平成30年度富山県立大学秋季公開講座で講義を行いました.

2018年11月17日(土)に富山県立大学で開催された標記公開講座「環境調和型ものづくりを支える先端技術」で講義を行いました.

お集まりいただいた受講者の皆さんには,熱心に耳を傾けていただき,改めて感謝申し上げます.講義後も多くの質問をいただきました.講義が予定時間を過ぎてしまったため,十分お答えすることができなかった恐れもあります.ご質問等ありましたら,直接電子メールでお寄せください.

マーゴット・リー・シェタリー著『ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち』を読みました.

マーゴット・リー・シェタリー著(山北めぐみ訳)『ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち』(原題:Hidden Figures)(ハーパーBOOKS)を読みました.

これは,以前観た映画の原案となったものですが,痛快なエンターテーメントに仕上がっていた映画とは異なり,人種差別や男女差別と戦いながら,アメリカの航空宇宙技術の進歩に貢献した黒人女性研究者達の姿を描いたノンフィクション作品です.映画を観ていない人はもちろん,映画を観た人にもオススメの本です.

追記:本作には,R・T・ジョーンズ,リチャード・ウィットカム,ハーヴェイ・アレンといった,私の憧れの研究者達も登場していて,教育研究上でも貴重な資料になりました.

evernote-snapshot-20180530-193148.jpg