映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を観ました.

シルバーウィークの間に映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』をレンタルDVDで観ました.

主人公は,第2次大戦中にナチス・ドイツによる迫害から逃れるために祖国オーストリアを捨て,アメリカに亡命したユダヤ系オーストリア人女性マリア・アルトマンという実在の人物です.グスタフ・クリムトによって描かれた叔母(アデーレ・ブロッホ=バウアー)の肖像画をオーストリア政府から取り戻した実話に基いたストーリーで,テンポもよく,裁判劇の要素もあって,今年一番楽しめた映画でした.

タチアナ・ド・ロネ著「サラの鍵」

現在,学内の有志による書評ブログの準備が進められています.学内限定なので,そこに寄稿したものを再掲します.

“タチアナ・ド・ロネ著「サラの鍵」” 続きを読む