第50回日本伝熱シンポジウムで研究成果を発表しました。

仙台市で開催された第50回日本伝熱シンポジウム(2013年5月29日~31日)におきまして,研究成果「ポルフィリン自己組織化単分子膜法を用いた表面圧力イメージングセンサの開発」を発表しました.

第50回日本伝熱シンポジウム
第50回日本伝熱シンポジウム

研究成果「ポルフィリン自己組織化膜の感圧特性」が公開されました.

第7回学際領域における分子イメージングフォーラムの講演要旨集(JAXA SP-12-01)上で,われわれの研究成果「ポルフィリン自己組織化膜の感圧特性」が公開されました.

第7回学際領域における分子イメージングフォーラム講演要旨集

 

 

 

可視化情報全国講演会(富山2011)で研究成果を発表しました.

9月26日,27日の両日に富山国際会議場で開催された可視化情報全国講演会(富山2011)にて,本研究室の大学院生・鈴木孝典君が研究成果を発表しました.

  • 題目:発光圧力センサーへの適用を目指したポルフィリン自己組織化膜の作製
  • 著者:鈴木孝典,坂村芳孝,川端繁樹