日本機械学会北陸信越支部第54期総会・講演会で研究成果を発表しました.

2017年3月9日(木)に金沢大学角間キャンパスで開催された標記講演会で研究成果を発表しました.なお,OS13における基調講演で発表した研究は,JSPS科研費JP26420120の助成を受けたものです.

GS1・一般講演 伝播する衝撃波による粉塵の舞い上がり
◯ 室谷 拓也(富山県立大院), 志村 啓(慶應義塾大), 大嶋 元啓(富山県立大), 中山 勝之, 坂村 芳孝(富山県立大), 松尾 亜紀子(慶應義塾大)
OS13・基調講演 微細流路への適用を目指した感圧・感温発光薄膜の開発
坂村 芳孝(富山県立大)

中国科学院上海硅酸塩研究所の大学院生による研究室見学

2014年11月5日,独立行政法人科学技術振興機構平成26年度日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)の支援を受けて来日した中国科学院上海硅酸塩研究所の大学院生10名がわれわれの研究室を見学してくれました.衝撃波管や感圧塗料の研究成果を紹介しました.その模様は本学の国際交流サイトで紹介されています.

研究成果「ポルフィリン自己組織化膜の感圧特性」が公開されました.

第7回学際領域における分子イメージングフォーラムの講演要旨集(JAXA SP-12-01)上で,われわれの研究成果「ポルフィリン自己組織化膜の感圧特性」が公開されました.

第7回学際領域における分子イメージングフォーラム講演要旨集

 

 

 

研究室訪問:welcome to our lab!

2010年3月1日(月)、東京都立産業技術高等専門学校の遠藤一樹先生ら一行(3名)が感圧塗料(PSP, Pressure-Sensitive Paint)計測の調査のため本研究室を訪問されました。実験室でPSPによるデモ実験をご覧いただいた後、PSPの衝突噴流への応用などについて話し合いを行いました。