自分で問いを立てることが大切なのだ!

生徒自身に問題を創り出させる工夫が紹介されています.とても参考になります.

現役エンジニアからのメッセージ

宇宙船Orionを作っているEric Hoganさんが若いエンジニアに贈ったメッセージの一部をご紹介します.

My advice to aspiring engineers and rocket scientists is to establish good study habits and work ethics now. Focus on learning, not memorizing. Know that math is a tool in the engineer’s toolbox and that physics is the core of all engineering. And don’t forget language. Many accidents are preceded by miscommunication. Most importantly, get into the workplace as soon as you can, via volunteer, intern, or coop programs. That’s where you will get hands-on experience working with hardware and creating innovative solutions for space flight.

出典はこちら

Ken RobinsonのTEDトークに感動

TED Talks EducationにおけるKen Robinsonの最新のトークに感動しました.教育に関心ある人はもちろん,そうでない人にもお勧めです.一見の価値あり!

第10回学科FD研修会に出席しました。

2013年9月17日(火)に開催された学科FD研修会に出席し、JABEE関連情報や授業改善チームの活動状況について報告しました。

嫌いな人から子供は学ばない。

先日亡くなったPierson先生のTEDでの講演で最も印象的な言葉でした。教育における信頼関係の重要さを指摘している名言だと思います。もしまだご覧になっていないのでしたら、是非一度ご覧ください!オススメです。

インストラクションの鉄則

同僚のN先生から昨年紹介していただいた島宗 理 著「インストラクションデザイン —教師のためのルールブック—」(米田出版,2004)には教育上役立つ情報が満載です.自分自身の復習も兼ねて,この書籍で紹介されている鉄則(ルール)をまとめておきます(一部,覚書を追記).

続きを読む “インストラクションの鉄則”

A Student to the Last

“Tusedays with Morrie”(Mitch Albom著)の中で,Morrie先生はかつての学生だった著者に,墓碑に刻む言葉は”A Teacher to the Last”として欲しいと語っていました.私はまだMorrie先生の境地には到達できそうにありませんから,”A Student to the Last”といったところでしょうか….

今日は大学の卒業式(学位記授与式).本研究室からは3名の卒業生(うち1名は大学院へ進学),1名の修了生を送り出しました.皆さん,本当におめでとうございます.

平成24年度学位記授与式
平成24年度学位記授与式

教育の成果について

内田樹先生の『最終講義』技術評論社(2011)を読み終えました。その中で、内田先生が「教育のアウトカム(成果)」について述べておられましたので、ご紹介します。

教育のアウトカムというのは、教育を受けたものが自分の人生を回顧したときに自己決定するものです。学校側が「これこれの有用な知識を教えてやったじゃないか」といくら言い立てても、習った側が「そんなこと、教わった覚えはないね」と言えばそれっきりです。逆に、教師に教えた覚えがなくても、学生の方が「こんなに素晴らしいことを教わりました」と言えば、それは教育のアウトカムに計上するしかない。

おっしゃる通りだと、私も思います。