日高敏隆著「世界を、こんなふうに見てごらん」読了。

日高先生の文章にはいつも心惹かれるものがある.この本にも素晴らしい言葉が溢れていた.

科学を志す人には、なぜということしかない。おおいに「なぜ」に取り組めばいい。自分の「なぜ」を大切にあたため続ければいいと思う。

真理があると思っているよりは、みなイリュージョンなのだと思い、そのつもりで世界を眺めてごらんなさい。

正しく見えることと、ほんとうに正しいかどうかは関係ない。

どんなものの見方も相対化して考えてごらんなさい。科学もそのうちのひとつの見方として。