日本機械学会北陸信越支部第54期総会・講演会で研究成果を発表しました.

2017年3月9日(木)に金沢大学角間キャンパスで開催された標記講演会で研究成果を発表しました.なお,OS13における基調講演で発表した研究は,JSPS科研費JP26420120の助成を受けたものです.

GS1・一般講演 伝播する衝撃波による粉塵の舞い上がり
◯ 室谷 拓也(富山県立大院), 志村 啓(慶應義塾大), 大嶋 元啓(富山県立大), 中山 勝之, 坂村 芳孝(富山県立大), 松尾 亜紀子(慶應義塾大)
OS13・基調講演 微細流路への適用を目指した感圧・感温発光薄膜の開発
坂村 芳孝(富山県立大)

日本機械学会北陸信越支部学生会第46回卒業研究発表講演会で卒研生が研究成果を発表しました.

2017年3月8日(水)に金沢大学角間キャンパスで開催された標記講演会で,本研究室の卒研生(3名)がポスター発表を行いました.なお,PS3-36で発表した研究はJSPS科研費JP26420120の助成を受けたものです.

PS3-35 OpenFOAMを用いた2次元噴流の数値シミュレーション
○八重尾猛史(富山県立大),中山勝之,大嶋元啓(富山県立大),坂村芳孝(富山県立大)
PS3-36 感温発光薄膜による微小領域内の表面温度計測
○加藤巧也(富山県立大),坂村芳孝(富山県立大),大嶋元啓(富山県立大),川端繁樹(富山県立大)
PS3-37 着氷現象の粒子法シミュレーション手法に関する基礎的研究
○森山卓哉(富山県立大),坂村芳孝(富山県立大),大嶋元啓(富山県立大),中山勝之,邉見隆洋(富山県立大)

第30回国際衝撃波シンポジウムで研究成果を発表しました.

2015年7月19日〜24日にテルアビブ(イスラエル)で開催された第30回国際衝撃波シンポジウム(The 30th International Symposium on Shock Waves)において以下の研究成果を発表しました.

  • 題目:A novel pressure-sensitive luminescent coating for microscale flow visualization
  • 著者:Y. Sakamura, S. Kawabata,Y. Arai and K. Nagano

なお,本研究はJSPS科研費26420120の助成を受けたものです.

whiteKAKENHIlogo_jp

第29回国際衝撃波シンポジウム(ISSW29)に参加中。

現在、アメリカ・ウィスコンシン州・マディソンで開催中の第29回国際衝撃波シンポジウムに参加しています。1日目のセッション終了後ラボツアーがありましたので、参加してきました。巨大な縦型衝撃波管があって、驚きました。

第31回数理科学講演会で研究成果を発表しました。

本日(2012年8月25日(土))、東京都立産業技術高等専門学校品川キャンパスで開催された第31回数理科学講演会におきまして、研究成果「衝撃荷重を受けたゴムの弾性変形シミュレーション」を発表しました。なお、本研究はJSPS科学研究費補助金(22510181)の助成を受けたものです。

日本機械学会北陸信越支部第47期総会・講演会で研究成果を発表しました。

2010年3月10日に新潟大学工学部で開催された日本機械学会北陸信越支部第47期総会・講演会におきまして、本研究室の研究成果「衝撃波と衝突した平板の飛散機構」を発表しました。なお、本研究は科研費(19510175)の助成を受けたものです。

第22回計算力学講演会で研究成果を発表しました。

10月12日(月・祝)に金沢大学角間キャンパスで開催された第22回計算力学講演会におきまして,本研究室の大学院生・上杉修一君が研究成果「伝播する衝撃波により誘起される物体の運動のCFD解析」を発表しました.なお,本研究は科研費(19510175)の助成を受けたものです.