高校生の知的好奇心に圧倒されました.

2017年6月21日(水)に富山県立富山東高等学校で出張講義「音の壁・熱の壁 ―衝撃波の研究とその応用―」を行いました.対象は自然科学コースの1年生(40名)です.

今年で4回目になりますが,これまでで一番多くの質問を受けました.担当した講師として,こんなに嬉しいことはありません.生徒の皆さんの知的好奇心に圧倒された感があります.

最後に,いろいろとご配慮いただいた先生方と最後まで熱心に聞いてくれた生徒の皆さんに,改めてお礼を申し上げます.

富山東高校June21_2017

日本機械学会北陸信越支部第54期総会・講演会で研究成果を発表しました.

2017年3月9日(木)に金沢大学角間キャンパスで開催された標記講演会で研究成果を発表しました.なお,OS13における基調講演で発表した研究は,JSPS科研費JP26420120の助成を受けたものです.

GS1・一般講演 伝播する衝撃波による粉塵の舞い上がり
◯ 室谷 拓也(富山県立大院), 志村 啓(慶應義塾大), 大嶋 元啓(富山県立大), 中山 勝之, 坂村 芳孝(富山県立大), 松尾 亜紀子(慶應義塾大)
OS13・基調講演 微細流路への適用を目指した感圧・感温発光薄膜の開発
坂村 芳孝(富山県立大)

平成27年度衝撃波シンポジウムで研究成果を発表しました。

2016年3月7日〜9日に熊本大学黒髪南地区で開催されている平成27年度衝撃波シンポジウムで次の研究成果を発表しました.

  • 「衝撃波に干渉した直後の浮遊物体の運動とその周りの流れ場」
    • 大嶋元啓(講演者)・元山克也・中山勝之・坂村芳孝

次回は,防衛大学校がある横須賀で開催される予定です.

ファイル Mar 09, 6 23 50 AM

日本機械学会北陸信越支部第53期総会・講演会で研究成果を発表しました。

2016年3月5日(土)に信州大学工学部で開催された日本機械学会北陸信越支部第53期総会・講演会で以下の研究成果(2件)を発表しました.

  • 「MPS法による着水衝撃荷重の推算」
    • 邉見隆洋(講演者)・大嶋元啓・坂村芳孝
  • 「衝撃波に誘起された浮遊球体の運動」
    • 元山克也(講演者)・坂村芳孝・大嶋元啓・中山勝之

次回は2017年3月9日(木)に金沢大学で開催される予定です.

オープンCAEシンポジウム2015@富山講演会で研究成果を発表しました.

2015年 11月28日に富山国際会議場で開催されたオープンCAEシンポジウム2015@富山で研究成果(2件)を発表しました.

  • OpenFOAMによる噴霧燃焼のGPUシミュレーション
    • 著者:大嶋元啓(講演者),中山勝之,中川慎二,坂村芳孝
  • OpenFOAMを用いた衝撃波を伴う圧縮性流れの数値シミュレーション(インハウス・コードによる数値シミュレーション結果との比較)
    • 著者:中山勝之(講演者).坂村芳孝,大嶋元啓,康照寧

日本機械学会2015年度年次大会で研究成果を発表しました。

2015年9月13〜16日に北海道大学で開催された日本機械学会2015年度年次大会で研究成果を発表しました.講演は大嶋先生にお願いしました.

  • 題目:空中に浮遊した物体と衝撃波の干渉
  • 著者:大嶋元啓(発表),中山勝之,坂村芳孝

第29回国際衝撃波シンポジウム(ISSW29)に参加中。

現在、アメリカ・ウィスコンシン州・マディソンで開催中の第29回国際衝撃波シンポジウムに参加しています。1日目のセッション終了後ラボツアーがありましたので、参加してきました。巨大な縦型衝撃波管があって、驚きました。

平成24年度衝撃波シンポジウムで研究成果を発表しました。

平成25年3月13日(水)に平成24年度衝撃波シンポジウム(於 北九州国際会議場)で研究成果「衝撃荷重を受けた軟弾性体の変形シミュレーション」を発表しました。本研究は科研費 (22510181) の助成を受けたものです。

 

IMG_0560