Docker for Mac (beta)を用いてOpenFOAM v1606+のバイナリをインストールしました.

2016年6月30日に公開されたOpenFOAM v1606+のバイナリをDocker for Mac (beta)を用いて手元のMacにインストールしました.

私のMac環境(OS X Ver. 10.11.5)ではOpenFOAM+のウェブサイト上のインストール手順でうまくいきませんでしたが,試行錯誤の末,なんとかインストールすることができましたので,備忘録としてここに記録しておきます.

Docker for Macのインストール

MacにDockerをインストールするには,Docker for MacあるいはDocker Toolbox (Mac)のいずれかを使用します.前者は現時点(2016年7月11日)でパブリックベータ版ですが,Toolboxに比べてかなり使いやすくなっていますので,今回はDocker for Macを使用しました.

  1. Docker for Macのインストーラをダウンロードする.→ Docker for Macのインストーラ
  2. インストーラをダブルクリックで起動し,DockerアプリをApplicationsフォルダにドラッグ&ドロップして,インストールする.
  3. Dockerアプリを起動すると,ステータスバーにクジラのマークが追加される.
  4. Macのターミナルを開き,次のコマンドでDockerが動作していることを確認する.

    $ docker info

OpenFOAM+のインストールと実行

  1. Dockerが動作していることを確認したら,引き続きOpenFOAM v1606+をインストール・実行するための,2つのスクリプトファイルをダウンロードする.保存先はホームディレクトリにしておく.
  2. スクリプトファイルinstallMacOpenFOAM+をエディタで開き,32行目の内容から次の部分を削除する.(注:Mac OS Xがこのディレクトリの共有を許してくれないため,削除した.このことによって不都合が生じる場合があるかもしれない.)

    –volume=”/etc/sudoers.d:/etc/sudoers.d:ro”

  3. Macのターミナル上で,スクリプトファイルinstallMacOpenFOAM+を実行可能にする.

    chmod +x intallMacOpenFOAM+

  4. 引き続き,Macのターミナル上でスクリプトファイルinstallMacOpenFOAM+を実行し,OpenFOAM v1606+が含まれたDockerコンテナをダウンロード・作成する.

    ./intallMacOpenFOAM+

  5. スクリプトファイルstartMacOpenFOAM+を実行可能にする.

    chmod +x startMacOpenFOAM+

  6. スクリプトファイルstartMacOpenFOAM+を実行し,OpenFOAM v1606+が含まれたDockerコンテナを動作させる.

    ./startMacOpenFOAM+

  7. 新たなシェルが動きだし,OpenFOAM+が利用できる環境が整う.例えば,以下のようにしてチュートリアルを実行してみると,確認することができる.なお,現時点でコンテナからParaViewを実行させることができないので,Mac版Paraviewで結果を確認する.

    mkdir -p $FOAM_RUN
    run
    cp -r $FOAM_TUTORIALS/incompressible/icoFoam/cavity .
    cd cavity
    ./Allrun

第54回北陸流体工学研究会で研究成果を発表しました。

2015年2月23日(月)に富山大学五福キャンパスで開催された第54回北陸流体工学研究会において研究成果を発表しました.

  • Title: Numerical simulation of shock wave propagation through obstacles with different geometries
  • Authors: Z. Kang, J. Zhang, K. Nakayama, M. Oshima and Y. Sakamura

第33回数理科学講演会で研究成果を発表しました。

2014年8月30日に東京都立産業技術高等専門学校で開催された第33回数理科学講演会におきまして,以下の研究成果を発表しました.

題目:Numerical simulations of shock wave interactions with a rotatable rigid body

著者:○ Junyi ZHANG, Katsuyuki NAKAYAMA, Motohiro OSHIMA and Yoshitaka SAKAMURA

(○:講演者)

IMG_5993

JSME北信越支部第51期総会・講演会で研究成果を発表しました.

2014年3月8日(土)に本学で開催された標記講演会で以下の成果発表を行いました(○:講演者).このうち,No. 1~3の研究は科研費 (22510181) の助成を受けたものです.また,No. 3の講演に対して日本機械学会若手優秀講演フェロー賞が贈られることが決まりました.

  1. 解適合直交格子を用いた衝撃波を伴う流れの数値シミュレー
    ション
    ○垣内勇志(富山県大),坂村芳孝,中山勝之
  2. 軟弾性体の粒子法シミュレーションにおける時間積分法に関
    する研究
    ○浜崎友(富山県大),坂村芳孝
  3. Numerical simulation of head-on collision of a normal shock wave with a rigid plate attached to a spring and dumper
    ○ZHANG Junyi (Toyama Pref. Univ.),SAKAMURA Yoshitaka, NAKAYAMA Katsuyuki
  4. 白金ポルフィリン自己組織化単分子膜を用いた表面圧力イメ
    ージングセンサの特性評価
    ○坂村芳孝(富山県大),川端繁樹,鈴木孝典(シロキ工業)

日本機械学会北陸信越支部第47期総会・講演会で研究成果を発表しました。

2010年3月10日に新潟大学工学部で開催された日本機械学会北陸信越支部第47期総会・講演会におきまして、本研究室の研究成果「衝撃波と衝突した平板の飛散機構」を発表しました。なお、本研究は科研費(19510175)の助成を受けたものです。

日本機械学会流体工学部門ニューズレター12月号が発行されました。

標記の件で連絡がありましたので、転記させていただきます。

流体工学部門の皆様
ニューズレター「流れ」12月号を発行致しました.

http://www.jsme-fed.org/newsletters/

特集テーマ「未来を拓く超音速機」を企画し,6件の記事をご寄稿頂きました.是非ご一読下さい.

~ 編集後記より ~

次世代超音速機や宇宙旅行を可能にする宇宙輸送機などへの関心が年々高まってきております.そこで,12月号の特集では「未来を拓く超音速機」をテーマとし,新しい概念の超音速機,宇宙輸送機を紹介していただきました.さらに,ソニックブームやデトネーションエンジンなどの超音速現象に関わる大変興味深い話題も提供していただいております.

卒業研究テーマの魅力発見ツアーが始まりました。

昨日から卒業研究テーマの魅力発見ツアーが始まりました.本研究室ではスタッフ総出で各自のテーマを3年生に分かり易く説明してくれました.

今年度試行的にスタートしたイベントですが,3年生にとって,また4年生・大学院生にとっても有意義なものになることが期待されます.

院生によるテーマ紹介
院生によるテーマ紹介

第22回計算力学講演会で研究成果を発表しました。

10月12日(月・祝)に金沢大学角間キャンパスで開催された第22回計算力学講演会におきまして,本研究室の大学院生・上杉修一君が研究成果「伝播する衝撃波により誘起される物体の運動のCFD解析」を発表しました.なお,本研究は科研費(19510175)の助成を受けたものです.