Raspberry Pi 4 + Ubuntu 19.10 server + X2Goで快適リモートデスクトップを実現してみた.

先日入手したRaspberry Pi 4 Model B (4GBメモリ)の性能は,本学学生の必携パソコンに求められる条件を(OS,メモリを除き)ほぼ満足しています.少し手を加えれば安価なLinuxサーバを自作することも可能だと思い,Ubuntu 19.10 server + X2Goをインストールしてリモートデスクトップ環境を実現してみました.本稿は,その過程を備忘録としてまとめたものです.他の環境での動作を保証するものではありませんので,予めご了承ください.

謝辞 本作業を進めるにあたり,日経Linux2020年3月号の特集記事「ラズパイ4のすべて」他,インターネット上の多くの情報を参考にさせていただきました.

目次

  1. ハードウェア
  2. 準備
  3. インストール
    1. イメージファイルの書き込み
    2. MicroSDカードから起動
    3. キーボードの設定
    4. ネットワークの設定
    5. システムの更新
    6. デスクトップ環境のインストール
    7. 日本語環境の設定
    8. X2Goのインストール

 

ハードウェア

  • Raspberry Pi 4 Computer Model B (4GB RAM)
  • MicroSDカード(64GB)
  • MicroSDアダプタ
  • HDMI-MicroHDMI変換コネクタ
  • USB-CーUSB-Aケーブル(給電用)
  • LANケーブル
  • USBキーボード
  • USBマウス
  • モニタ
  • ケース(なくてもよい)

 

準備

  • ラズパイ4の電源供給用USB-CコネクタとMicroHDMIコネクタとは隣接していて,一般的なUSB-CケーブルとHDMI変換コネクタでは互いに干渉してしまいました.そのため,HDMI変換コネクタをカッターナイフで削る作業が必要となりました.
  • MicroSDカードのフォーマットはFAT32形式です.私はmacOS付属のDisk Utilityで行いましたが,後で紹介するアプリRaspberry Pi Imagerでも可能です.
  • HDMI-MicroHDMI変換コネクタやUSB-CーUSB-Aケーブル,LANケーブルは100円ショップで入手可能です.

 

インストール

  • イメージファイルの書き込み
    • Raspberry Pi財団のウェブサイト からRaspberry Pi Imagerを入手.私の場合は,macOS用をダウンロード・インストールして使いました(他に,Windows用,Linux用があります).
    • Raspberry Pi Imagerを使って,MicroSDカードにUbuntu 19.10 server (64bit)のイメージを書き込みました.以前のようにddコマンドを使う必要が無くなりました.これは朗報です.
    • ただし,私の環境では起動時にHDMIディスプレイが認識されませんでしたので,イメージファイルと同じ場所に存在する設定ファイルuserconfig.txtの中に以下の行を追加しました(参考:日経Linux 2020年3月号,p. 78).

    hdmi_force_hotplug=1

    hdmi_group=2

    hdmi_ignore_edid=0xa5000080

    hdmi_mode=82

  • MicroSDカードから起動
    • イメージファイルを書き込んだMicroSDカードをラズパイ4に挿して起動させます.
    • ユーザ名「ubuntu」,パスワード「ubuntu」でログインすると,パスワードの変更が求められますので,設定します.

 

  • キーボードの設定
    • デフォルトではキーボード設定は英語になっています.ネットワークの設定でvimエディタを使うので「:」の位置を修正しておく必要があり,先にキーボードの設定を変更しておきました.

    sudo dpkg-reconigure keyboard-configuration

    • 設定画面が表示されたら,日本語環境を設定して,再起動

 

 

  • システムの更新
    • ようやくネットワークが接続されたので,ここでシステムを最新の状態に更新

    sudo apt update

    sudo apt dist-upgrade

  • デスクトップ環境のインストール
    • 普段使っているデスクトップ環境Xfceをインストールしました.

    sudo apt install xfce4

  • 日本語環境の設定
    • 日経Linux 2020年3月号,p. 87に従って,ロケールを「jp_JP.UTF-8」を設定し,タイムゾーンをTokyoに設定.再起動すると,デスクトップ画面が現れます.
    • システムのアップデートを行った後,日本語入力も設定しておきました.
  • sudo apt update
    sudo apt upgrade
    sudo apt install fcitx-mozc

  • X2Goのインストール

    sudo apt-add-repository ppa:x2go/stable
    sudo apt update
    sudo apt install x2goserver x2goserver-xsession

    • 手元のPCでクライアントを起動し,うまく接続されれば成功です.

Screen Shot 2020-04-03 at 9.21.21

Linus Torvaldsのインタビュー:The mind behind Linux

LinuxやGitの生みの親であるLinus Torvaldsのインタビューの様子が公開されていました.彼の人となりがよく分かるインタビューです.

もっとも印象的だった言葉を挙げておきます.

One of the things I really like about open source is it really allows different people to work together.