JSME第99期流体工学部門講演会で本研究室の研究成果を発表しました.

2021年11月9日(火)にオンラインで開催されている日本機械学会(JSME)第99期流体工学部門講演会で本研究室の研究成果を発表しました.

  • 題目:OpenFOAMを用いた極超音速飛行体周りの熱化学的非平衡流の数値解析(Parkの2温度モデルに基づく数値解析コードhy2Foamの検証)
  • 著者:坂村芳孝(発表者)・中山勝之・大嶋元啓

本研究で使用したソルバーhy2Foamの開発者であり,GitHubリポジトリ上で情報を公開しているVincent Casseau博士に深く感謝します.なお,本研究はJSPS科学研究費JP21K03880の助成を受けたものです.

本研究室の研究成果が公開されました.

本研究室の研究成果が学術雑誌Shock Wavesに掲載されました.こちらからご覧いただけます.

Sakamura, Y., Nakayama, K. & Oshima, M. Numerical simulation of shock-induced motion of a cuboidal solid body using the overset grid functionality of OpenFOAM. Shock Waves (2021). https://doi.org/10.1007/s00193-021-01035-5

本研究は,ESI版のOpenFOAMに実装されている重合格子機能を用いて,伝播衝撃波との衝突によって運動する物体の運動が予測できるかどうかを確かめたものです.衝撃波管で行った実験結果との比較によって,OpenFOAMの検証を行いました.

アピールポイントは

  • OpenFOAM(v1706)の重合格子機能を使って,衝撃波を伴う高速気流中における物体の6自由度運動を予測できたこと

です.ごく短時間(5 ms程度)での比較ではありますが,流体運動と物体運動の連成現象を数値シミュレーションで再現できたことは,大きな前進だと思っています.さらに長い時間にわたって現象を再現できることが実証されれば,数値シミュレーションによる爆発飛散物の軌道予測・危険度評価を実用的なものにすることができるはずです.

なお,本研究はJSPS科研費JP21K03880の助成を受けたものです.

JSME北陸信越支部第58期総会・講演会で研究成果を発表しました.

2021年3月6日(土)にオンラインで開催された標記講演会で,われわれの研究室の成果を発表しました.

  • 演題:OpenFOAMに実装された重合格子法による造波抵抗の予測精度
  • 著者:後藤啓太(登壇者),中山勝之,大嶋元啓,坂村芳孝

12月に発表した内容をさらに発展させて,運動する物体にはたらく造波抗力の予測精度を検証しました.

流体工学シンポジウム2020で研究成果を発表しました.

2020年12月12日(土)にオンラインで開催された標記シンポジウム(北陸流体工学研究会主催)で本研究室の研究成果を発表しました.

  • 演題:OpenFOAMの重合格子機能を用いて評価した造波抗力の精度について
  • 著者:後藤啓太(登壇者)・中山勝之・大嶋元啓・坂村芳孝
ダイヤモンド翼周りの超音速流れの数値シミュレーション結果(圧力分布)

研究成果を流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2020オンラインで発表しました.

われわれの研究成果を2020年9月28日(月)にオンラインで開催された標記講演会で発表しました.オンライン会議には慣れているつもりでしたが,CiscoのWebexによる講演は初めてで,冷や汗をかきながら,なんとか発表を終えることができました.

講演題目:衝撃波との衝突により誘起された直方体形状物体の6自由度運動の数値シミュレーション
著者:坂村芳孝(発表者),中山勝之,大嶋元啓,後藤啓太

本研究室の研究成果が公開されました.

残念ながら新型コロナウィルスの感染拡大を受けて中止となりましたが,日本機械学会北陸信越支部第57期総会・講演会および日本機械学会北陸信越学生会第49回学生員卒業研究発表講演会の講演論文が公開されました.

【日本機械学会北陸信越学生会第49回学生員卒業研究発表講演会】

  • 後藤 啓太・中山 勝之・大嶋 元啓・坂村芳孝,“OpenFOAMを用いた衝撃波に誘起される物体運動の数値シミュレーション” 日本機械学会北陸信越学生会第49回学生員卒業研究発表講演会講演論文集(2020)
  • 中野佑亮・大嶋 元啓・坂村芳孝,“大気圧誘電体バリア放電プラズマ流れにおける窒素分子の放射特性に関する研究” 日本機械学会北陸信越学生会第49回学生員卒業研究発表講演会講演論文集(2020)

【日本機械学会北陸信越支部第57期総会・講演会】

  • 坂村芳孝・中山 勝之・大嶋 元啓・後藤 啓太,“伝播する衝撃波によって誘起される剛体の運動” 日本機械学会北陸信越支部第57期総会・講演会講演論文集(2020)

 

32nd International Symposium on Shock Wavesで研究成果を発表しました.

2019年7月14日〜19日の間シンガポールで開催されている32nd International Symposium on Shock Wavesにおいて,本研究室の研究成果を発表しましたので,ご報告します.

OpenFOAM6をMacにインストールしてみました.

The OpenFOAM foundation Ltd.によって配布されているOpenFOAM 6を手元のMacにインストールしてみました.ESI-OpenCFD版と同様Dockerで配布されていますが,コンテナから直接ParaViewが使えて,超便利です!😆

OpenFOAM 6 for Macのイントールはこちらから

追記:コンテナから直接ParaViewが使えるのですが,私の使用環境(MacBook)では動作が遅くて,使いものにはなりませんでした.Mac版ParaViewから操作する方が快適でした.😅