われわれは本当に自分の意思で行動しているのだろうか?

本日の専門ゼミで,学生と一緒に以下のTED動画を観ました.いろいろと考えさせられる内容でした.専門職(医師)の判断においても,様々な要素が影響を与えている可能性を示唆する研究結果は特に印象的でした.技術者や教員も,自分で意識することなしに,重要な判断を下していることがありそうです.

https://embed.ted.com/talks/lang/ja/dan_ariely_asks_are_we_in_control_of_our_own_decisions

物事がうまくいかないとき,Elizabeth Gilbertの話に耳を傾けてみよう.

論文を書いているとき,途中で行き詰まってどうしても先に進めなくなることが(私の場合は頻繁に)あります.そんなときは,このElizabeth Gilbertの話を思い出すようにしています.

https://embed.ted.com/talks/lang/ja/elizabeth_gilbert_on_genius

心の絆創膏:Guy Winchによる素晴らしいプレゼン

体の怪我と同じように心の怪我にも絆創膏が必要になります.このTEDトークでは,心理学者であるGuy Winch氏が心の絆創膏の必要性についてわかりやすく解説してくれています.

点を繋ぐ:Steve Jobsのスピーチ

大学生なら当然みんな知っているものだと(勝手に)思い込んでいたのですが,本日の授業で学生(3年生)に聞いてみたところ,誰も知らないとのこと.せっかくなので授業の後で一緒に観てみました.もう11年以上前の出来事になるのですね.学生達は彼のスピーチに何を思ったでしょう.

楽観主義バイアスを理解して,うまく利用しよう.

楽観主義バイアスについては以前読んだ『脳科学は人格を変えられるのか?』でも取り上げられていましたが,その具体的な効果とどのように利用すれば良いかについて分かりやすく解説してくれています.すばらしい講演です.

リーダーとは斯くあるべき

どんなに絶望的な状況にあっても,あきらめず,可能性を信じて行動すること.リーダーとして最も必要なことだと思います.今年一番の感動的なTEDトークです.

普通って,なんだろう?

普通であることについて,深く考える機会を与えてくれる素晴らしい(普通ではない)TEDトークです.

自分に自信を持つということ

人は本来的にクリエイティブなのですが,ちょっとしたきっかけで自信を失うと,失敗への恐れから創造性を発揮することができなくなってしまいます.それでも,少しずつ,ステップ・バイ・ステップで練習を重ねていけば,自信を取り戻すことができ,本来の創造性はよみがえってくるのです.そのことを思い出させてくれる,素晴らしいTEDトークです.